読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の、泡。

日々、思うこと、感じたこと。つれづれと、あわあわと。

日々のこと。

湯気

恋をしているかもしれない。 そんな予感は、 ふつふつと胸の内をあたためて いつの間にか湧き上がって ピーピー言いながら、 恋の湯気を撒き散らす。 息もつまるほどに 熱された湯気が わたしの鼻から目から あらゆる隙間から入り込んで あなた一色に、染ま…

日々の、泡。

思っていることや、感じていること。 言葉にできないくらいの夕焼けや朝焼けを見た時の気持ちも、なんだかうまく言葉にできなくて、「まぁいっか。」と諦めて飲み込んでしまうことが多くなった。 それじゃあだめだ。 「自分の感受性くらい、自分で守れ馬鹿者…